20代の仕事探しの方法

20代の仕事探し応援特集!【転職のしおり】

20代の仕事探しを失敗しないためにすることは

1.仕事探しの軸を定める

 

 20代を採用する企業の選考基準は、思っているほど厳しくありません。ほとんどの場合、即戦力となるほどの業界経験は求めていません。それよりも、組織理念を理解して、業務に対して意欲的に取りくみ、社内の同僚や先輩とうまくやっていける協調性が求められています。

 

 しかし、20代で仕事探しをする人の多くは、職種や業界を絞り、狭い範囲の中だけで仕事探しをしているケースがあるようです。それは、じぶんの将来を自分で狭めてしまっているという勿体無い行為なのです。

 

 世の中には求人情報は無数にあり、内定を得られる可能性が高い20代は、せっかくのチャンスを無駄にすること無く、仕事探しの範囲を広げていきましょう。

 

 そこで、まずするべきことは、自己分析としての適性診断をして、客観的な自分の適性を診断すると良いでしょう。また個人の人生観として30代、40代と将来的な人生設計に合わせて、どんな業界で、何をして、どんな人たちと、どう働いていきたいのかイメージしてから、自分の仕事探し軸を明確にしてから活動することが大切です。

 

2.具体的な探し方

 自分の仕事探しの軸を明確にしないまま転職してしまうと、時間の経過とともに後悔することも多くなり、再び仕事を探すことにもなります。そこで、入社後1年が経過しても転職して良かったと思える企業選びをしてこそ、転職する意味があるというものです。

 

 実際、20代が応募できる企業の求人数は膨大にありますから、その中からたった1社を見つけるには、いかに転職する選択基準をつくり、求人情報を絞り込んで、細かくチェックしていくかが必要となります。

 

 そこで、適性診断と自分の人生観をベースとした基本項目とその基準、優先順位を設定します。そこから、転職サイトやエージェントというような情報媒体を複数利用すると良いでしょう。その手順としては

 

・適性診断の結果から業界や職種を記載する
・自分の人生設計の中で希望やできることを整理して優先順位を記載する
・実際の求人情報から希望業界や業種、業務内容や条件などを選択する

 

3.おわり

 20代の仕事探しは、可能性が多くありすぎることもあり、しっかりとした基準をもって転職活動しないと後悔することになります。そこで自分で判断しきれない場合には、転職エージェンにいるキャリアコンサルタントにアドバイスを求めたり、企業セミナーなどに参加してみると良いでしょう。20代の仕事探しは焦る必要はありませんから、納得いくまで活動をすることが大切と言えます。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
20代の転職者8割が利用している定番の転職サイト

 

ホーム RSS購読 サイトマップ